森の中の高級貸切リゾートウェディング「彩音」

Ceremony挙式スタイル

Chapel Weddingチャペルウエディング

穏やかな自然に包まれた
森のチャペル
木立のなかの小道を抜けるとアンティークでおとぎの国へ迷い込んだような不思議な時間の流れるチャペルがあります。
2人の幸せを願う気持ち、分かち合いたい気持ち。
木と石の温もりをいっぱいに感じながら、祝福される瞬間をいつまでも忘れない。

静寂な森の小道
チャペルへつながる森のバージンロード

そこは家族と花嫁が感謝を伝える森の小道。
今まで共に過ごしてきた思い出を胸に一歩一歩進もう。

森の緑と溢れる陽光も二人を祝福

幼い頃に描いた、いつか花嫁になる日。
今まで共に過ごしてきた思い出を胸に一歩一歩進もう。

Garden Weddingガーデンウェディング

岡山最大規模の自然豊かな
ダイナミックガーデン
思い通りの利用方法が魅力
木立のなかの小道を抜けるとアンティークでおとぎの国へ迷い込んだような不思議な時間の流れるチャペルがあります。
2人の幸せを願う気持ち、分かち合いたい気持ち。木と石のぬくもりをいっぱいに感じながら、
祝福される瞬間をいつまでも忘れない。

ガーデンウェディングで叶う
オンリーワン結婚式

ガーデンでの乾杯や余興、写真タイムなどが終わると、祝福されながら階段を上に。ゲストの皆に手を降って、童話の世界にトリップしたような洋館へ。

和婚人前式

豊かな自然に抱かれて和婚人前式
自然に囲まれた彩音では、その恵まれた環境を活かし、睡蓮の池での和婚スタイル「祝言」を行えます。
長い年月を刻んだ彩音の森には、豊かな緑が四季の彩りを添え、木漏れ日がきらきらと輝き、心地よい空気が流れています。
まるでここだけ周りとは違う時間が流れているかのよう。誰の胸にも祝福に満ちた感動を心に刻み込んでいきます。

日本の伝統と文化に現代の感性を融合した
お二人らしい結婚式

別々の魂が一つとなり和が生まれ夫婦としての絆が結ばれる、彩音の森で自然に祝福されながらの挙式となります。
水合わせの儀や綿帽子の儀、古き良き日本の伝統美が自然の舞台で繰り広げられます。

和婚人前式や神前式での
結婚式の衣裳について

挙式は魔除けの意味もあり、白無垢ならば綿帽子、それ以外は角隠しを必ずつけることが伝統的な慣わしとなっています。

  • 白無垢

    日本古来の結婚式のための正装のお着物です。掛け下と呼ばれる白い振り袖に、白い打ち掛けを着て、小物も全てを白で統一します。
    白とは日本古来の神聖な色であり、『生まれたときに着る産着の白』『死者に着せる死装束の白』など花嫁衣裳の白は花嫁がこの世のものではないことを表します。自分が生まれた家の娘としてはいったん死に、そして新たに血を入れて甦り、嫁ぐ家で生きるという考えです。
    結婚式は、一生のなかでもとても大切な儀式であり、新しい家に嫁ぐ、お嫁に行くという覚悟と信念、気構えを白という色を着ることでその思いが込められています。とても日本人らしい心を表した衣装です。

  • 色打掛・引振袖

    室町時代末期~江戸時代にかけて、着物の上にもう一枚別の着物を羽織る打掛姿が武家の女性の正装でした。色打掛も白無垢と共に結婚式に着る正装で最高位の着物と言われています。華やかさが際立つ色打掛は、織りや刺しゅう、染めで華やかな模様が描かれ、色や柄で選ぶ楽しさを味わうことができます。色のある掛下とコーディネートし、自分らしく色打掛の着こなしを楽しむことができます。

  • 綿帽子

    奥ゆかしく、初々しい白無垢姿になりたい花嫁様におすすめです。文金高島田の上から被る、丸いシルエットで愛らしい白い布の袋状の帽子です。ただし、綿帽子は結婚式の白無垢にしか合わせられません。

  • 角隠し

    文金高島田の髪にかける白い布。角隠しには角を隠し、その家の従順に従うという意味があり、 白無垢・色打掛・引き振袖に合わせる事が出来ます。顔の印象がキリッとし、化粧映えすると言われています。

Restaurant Weddingレストランウェディング

8名からご利用可能なレストランウェディング
パーティーはアットホームに
森のチャペルでの挙式やガーデンを楽しみながら、彩音併設のレストランでパーティーを行なうことが可能です。

家族挙式 /
少人数結婚式

家族や親しい親族だけ
32名までのワンランク上の
貸切ウエディング
少人数ウエディング・家族だけの小さな結婚式をお考えの方のための素敵なプランを彩音ではご用意しています。
チャペルでの結婚式、親族集合写真の撮影のあとは、日頃なかなか感謝を伝えきれない家族とのひとときを美味しい食事を囲んで過ごしてください。

茶室で和婚式

岡山の奥座敷と呼ばれた頃の
歴史が色濃く残る茶室で行う
親族だけの身内婚
彩音の敷地内には伝統と歴史を刻んできた歴史的建物を大切に残しています。
そのひとつが岡山の奥座敷と呼ばれた頃の歴史が色濃く残る茶室です。そんな先代の建築技法の工夫が時代の重みを感じさせる茶室ならではの結婚式。親族だけで厳かに行われる茶室での婚礼は、四季の移ろいをお楽しみいただけながらとり行います。

その他、岡山県内での神社やお寺での神前式やキリスト教の方は教会での結婚式のお手伝いもしていますので、お気軽にお問い合わせください。